次の日欠勤もしくは遅刻

次の日欠勤もしくは遅刻

新人研修などでよく言われると思いますが、
「飲み会の次の日は、這ってでも出社しろ。」
これは社会人としての本質を射ているなと思います。

飲み会ってのは言わば息抜きの場です。
「先輩や上司に囲まれて何が息抜きだよ。」
そういう声も聞こえてきそうですが、聞いてください。

気を遣って疲れるのは分かりますが、お金を出すことはほとんどないでしょう?
それは、お世話になっているということです。

たまに後輩や部下を誘っておいて割り勘、などという個人的にはいかがなものか
という話も聞きますが、たいていは先輩が後輩におごるものです。

おごれないなら、誘うべきでないと考えています。
「さぁ飲んで食って。また仕事を頑張ってくれよ。」
それが周りの新人への心遣いでもあります。

その翌日にさっそく休まれるなんて、たまったものではないのです。

私も飲み会の翌日に気分が悪いという経験がありました。
自動車通勤なのに、自分でもわかるほど酒気を帯びてました。

そこでタクシーを使って出社しました。
別にこざかしい計算などしていません。

研修で教わった「飲み会の翌日は出社」という教えと
「酒気帯び運転で逮捕されたくない」という考え。
動機と言えばそれだけでした。

でも、周囲からは「すばらしい!」と褒められました。

何がって、「気分が悪いのに来る。それがすばらしい。」と。

出来ることを頑張ってやる。
それは仕事に通じる新人の姿勢なのかも知れませんね。

関連記事

二日酔い防止に「のんどこ小町」

のんどこ小町」は、楽天の売れ筋ランキングで1位を獲得したことのある
ビール酵母サプリメント。

飲みやすいソフトカプセルで、お酒好きな方の健康をサポートしてくれます。

無料でお試し用の6粒入りの小さい袋が付いているので、これで満足しなければ
返品&全額返金保証付き!

▼▼▼▼▼ 詳細はこちら! ▼▼▼▼▼
のんどこ小町

社会人の飲み会とは
酔いつぶれるベテラン社員
酔いつぶれる内定学生
酔いつぶれる新入社員
基本礼儀
飲み会サバイバル
飲み会脱出法
もし酔い潰れたら
上司の本性を観察
勝負は終盤
サブメニュー