泥酔3 私を待ってたのは?お礼じゃなくて汚名

泥酔3 私を待ってたのは?お礼じゃなくて汚名

前ページの飲み会で女性の先輩社員が泥酔してしまったので私は、
彼女を別の幹事役の女性社員と一緒に自宅までタクシーで送って行きました。

泥酔した先輩を自宅まで送り、さらに幹事の女性社員を自宅まで送り、
私の帰宅は午前四時。

そして、次の日はまた午前八時には出社です。
まだ若かったので、ただの徹夜なら大丈夫だったのだと思います。

しかし、肉体的にも精神的にも、重労働をした翌朝はキツい。

そんな中、泥酔した先輩社員が何食わぬ顔で出社してきました。

周りも気まずくなる中、彼女は真っ先に社長のところに行き明るく、

「昨日はご迷惑おかけしましたー!」

社長は彼女に、私のところに行って、お礼を言うように促してくれました。
社長ですら、私に遠慮していたのです。

「若手で幹事だったとはいえ、気の毒だった。」

そう思って下さってたのでしょう。

すると、彼女が大きな声で、

「だって社長〜。
 私ゆうべ、あの人に胸とかお尻とかベタベタ触られたんです。
 セクハラですよー。」

私は、別の女性社員と一緒に介抱しましたので、無実であることの
証言者はいました。

自分が泥酔して迷惑をかけたということをセクハラにすり替えようと
したのです。

さすがの私も堪忍袋の緒が切れました。

席を立ち、彼女に詰め寄ろうとする私を周りのみんなが止めてくれましたが、
散々な飲み会になりました。

結局、彼女は社長から「けん責処分」に。
私はおとがめなしですみました。

彼女が社内の飲み会に二度と呼ばれなくなったのは言うまでもありません。

関連記事

二日酔い防止に「のんどこ小町」

のんどこ小町」は、楽天の売れ筋ランキングで1位を獲得したことのある
ビール酵母サプリメント。

飲みやすいソフトカプセルで、お酒好きな方の健康をサポートしてくれます。

無料でお試し用の6粒入りの小さい袋が付いているので、これで満足しなければ
返品&全額返金保証付き!

▼▼▼▼▼ 詳細はこちら! ▼▼▼▼▼
のんどこ小町

社会人の飲み会とは
酔いつぶれるベテラン社員
酔いつぶれる内定学生
酔いつぶれる新入社員
基本礼儀
飲み会サバイバル
飲み会脱出法
もし酔い潰れたら
上司の本性を観察
勝負は終盤
サブメニュー