しばらくは謹慎

しばらくは謹慎

飲み会で酔い潰れてしまったら。

前ページでお話ししたように、ひたすら謝り、許してもらえるよう仕事も
がんばりましょう。

そして、しばらくは飲み会を「謹慎」しましょう。
意味は言葉の通りです。

飲み会に誘われても
「この前はご迷惑をおかけしたので・・・」
「私はその後も少し残って留守番をしますよ。」

と反省の色を分かりやすく示すため、幹事の方に連絡をしてから辞退しましょう。

周りもとりあえずフォローはしてくれるはずです。
「もう気にしなくていいのに。」
「みんな気にしてないから。」
真に受けてはいけません。
みんな気にしていますし、本当は呆れています。

それでも謹慎していれば、宴席であなたの話題は出ます。

そこで多少なりともあなたの反省を感じてくれるでしょう。
失った信用を取り戻すのは本当に至難の業なのです。

2回、もしくは一月程度は遠慮をしましょう。
そして、幹事の方から
「頼むから(飲み会に)来てよ。
 上司から(参加するように)説得しろと言われてて。」

そのくらい言われるようになったら、謹んで参加しましょう。

その場で酔いつぶれるようなことはあってはならないのは、言うまでも
ないことですが。

関連記事

二日酔い防止に「のんどこ小町」

のんどこ小町」は、楽天の売れ筋ランキングで1位を獲得したことのある
ビール酵母サプリメント。

飲みやすいソフトカプセルで、お酒好きな方の健康をサポートしてくれます。

無料でお試し用の6粒入りの小さい袋が付いているので、これで満足しなければ
返品&全額返金保証付き!

▼▼▼▼▼ 詳細はこちら! ▼▼▼▼▼
のんどこ小町

社会人の飲み会とは
酔いつぶれるベテラン社員
酔いつぶれる内定学生
酔いつぶれる新入社員
基本礼儀
飲み会サバイバル
飲み会脱出法
もし酔い潰れたら
上司の本性を観察
勝負は終盤
サブメニュー